このページではJavaScriptを使用しています。JavaScript対応の環境でご利用下さい。

  トップページ >> 研究会 >> 次回研究会
  研究会について | 次回研究会 | 研究会開催記録

第159回日本民具学会研究会 

テーマ:「公立博物館の収蔵品維持に関する方策の検討-公共性のある除籍について-」

日 時2021年11月28日(日) 13:30~15:00
発表者彌本あゆみ(令和2年度政策研究大学院大学生(川崎市事務職員))
会 場オンライン研究会(ゼミナール方式)
主 催日本民具学会
概 要
   博物館に期待されている役割は、従来の社会教育だけでなく、地域のコミュニティづくりや文化観光拠点施設など多様化しており、それらの社会的ニーズに答えながら運営を続けていくには、除籍を含めた政策の検討が必要である。本発表では令和2年度に政策研究大学院へ派遣されたときに作成した修士論文の内容である。公立の郷土博物館の民具資料管理についての現状と課題を調査した結果や、その上で検討した博物館のミッションに沿った体系的なコレクション形成に必要な「公共性のある除籍手順」について、報告するものである。
 
 
    

参加申し込み方法 

 参加希望の方は、会員へ発送した研究会の開催案内ハガキに記載のメールアドレスにEメールをお送りください。
 前回のオンライン研究会参加の方も、参加確認ためEメールをお送り下さい。
 申し込みは、申し込みは、研究会開催の30分前までに済ませておいてください。

 メールの件名の表記:「第159回研究会参加希望・○○○○」
 ○○○○はお名前を入れてください。メール本文には何も記載しないでください。

 学会からの案内通知にある申し込み用メールアドレスに送信された方には、自動返信にて管理者から返信メールが届きます。過去のオンライン研究会において、この自動返信を送れない設定のメールアドレス(携帯メール等)がありました。自動返信メールが届かない時は、メール受取の設定を見直し、再度申し込みメールをお送りください。

                         担当:樫村賢二・加藤幸治

このホームページの画像・文章の著作権は、日本民具学会に帰属します。