このページではJavaScriptを使用しています。JavaScript対応の環境でご利用下さい。

  トップページ >> 学会誌「民具研究」 >> バックナンバー目次
        151号~ 
141号~150号  131号~140号  121号~130号  111号~120号  101号~110号
91号~100号   81号~ 90号   71号~ 80号   61号~ 70号   51号~ 60号
41号~ 50号   31号~ 40号   21号~ 30号   11号~ 20号   1号~ 10号

会誌 『民具研究』 バックナンバー目次 

 ■会誌 『民具研究』 140号 (2009.9)
●[特集]第33回民具学会大会公開シンポジウム
「いま、なぜ『民具』研究か」
 加藤隆志・石垣悟・岡本信也・小島孝夫・印南敏秀・鈴木通大
1
●論文・調査報告
設置型唐箕と可搬型唐箕 ~内藤大海の開放型唐箕先行説批判の問題点~ 河野通明 24
戦争の民具 ~千人結から千人針へ~ 渡辺一弘 42
現代奉納小絵馬にみる祈願の変容~住吉大社奉納小絵馬悉皆調査を通して~ 野堀正雄 60
八王子祭山車はどのように認識されているか 坪郷英彦・宮内貴久・工藤芳彰・伊藤真奈美 79
香時計(時香盤)について ―「時の民俗」の探求から― 神野善治 91
虫売るむら―金沢の虫聞き文化― 大門哲 104
●ひろば
民具研究の課題と可能性 ―第33回大会公開シンポジウム後記― 小島孝夫 119
●書評・書籍紹介
国立民族学博物館調査報告68
 『モノに見る生活文化とその時代に関する研究
 ―国立民族学博物館所蔵の大村しげコレクションを通して―』
福岡直子 122
●展示批評・展示紹介
大森 海苔のふるさと館 藤塚悦司 123
パルテノン多摩歴史ミュージアム企画展
 「鍛冶屋のあゆんだ幕末・明治―乞田鍛冶からひょうたん鍛冶へ―」
橋場万里子 126
●学会記事 129

 ■会誌 『民具研究』 139号 (2009.3)
●論文・調査報告
所沢飛白の再現を通してみるモノと身体技法とのかかわり 宮本八惠子 1
西日本における竹箕の製作技術と分析視点 ―「竹箕」と「藤箕」をめぐって― 森本仙介 16
包装紙にみる情報と民俗 加藤紫識 35
民俗文化財保存修理の考え方 大島暁雄 45
小特集「震災と博物館」
 市民ボランティアによる被災資料の整理保存活動の意義と課題
―新潟県中越地震における事例―
高橋由美子 51
 地震の中の博物館 三井田忠明 58
●ひろば
「沖縄の紙を考える会」の活動について 粟国恭子 65
鳥取市佐治歴史民俗資料館所蔵民具の調査 樫村賢二 68
入間市博物館所蔵 国登録有形民俗文化財「狭山茶の生産用具」について 三浦久美子 71
第123回・124回・125回研究会報告 石野律子・大薮裕子・伊達仁美 74
●書評・書籍紹介
『内水面漁撈の民具学』 小川直之 79
『南牧村の民具 -こんにゃく作りとその用具-』 柳正博 81
●展示批評・展示紹介
栃木県立博物館「野洲麻-道具がかたる麻づくり-」 浜野達也 82
柏崎ふるさと人物館「海と暮らす-素潜り漁の人と道具-」 池田哲夫 85
埼玉県立歴史と民俗の博物館「名もなき至宝-うけつがれし重要有形民俗文化財」 二階堂実 88
燕市産業史料館 -スプーンなどの金属洋食器を展示する新館がオープン- 大楽和正 92
●学会記事 96

 ■会誌 『民具研究』 138号 (2008.9)
●論文・調査報告
尺貫法でモノを測る試み-尺相当値尺2寸を例に- 石野律子 1
絵馬に見る供養の諸相-岩手県下の「供養絵馬」と山形県下の「社寺参詣図絵馬」- 松崎憲三 14
中世絵画史料にみる艪・櫂操作の技法 大野恵三 27
野菜籠・果物籠生産時代の竹細工と機械化のメーカーについて(2) 服部武 36
足踏式回転脱穀機について-所在調査報告の補足から- 三枝健二 47
初茸香る都市-金沢近郊里山における茸狩り行楽の実態- 大門哲 53
●ひろば
御薗生翁甫『日本刳船漫考』の活字写本作りと、それにともなうにわか勉強についての報告 ヘミング味岡 71
第122回研究会報告 「民具研究30年の動向と展望」をめぐってⅠ-民具学の行方-
 趣旨説明 小川直之 77
 民具学の来し方と今後の展望 田邉悟 78
 「民具」と「道具」を考えてみたが 朝岡康二 82
 民俗文化と民俗文化財の間 -コメントに代えて- 佐野賢治 88
●展示紹介
埼玉県立歴史と民俗の博物館
 常設展示第10室民俗展示室「一年を生きる-埼玉の祭りと行事-」
山田実 92
府中市郷土の森博物館
 「武蔵府中くらやみ祭」コーナー誕生-常設展示室リニューアル事業-
小野一之 96
土浦市立博物館のリニューアルについて 萩谷良太 99
●学会記事 103

 ■会誌 『民具研究』 137号 (2008.3)
 
●論文・調査報告
郷土玩具愛好運動の地域的実践-紀州郷土玩具研究会の活動を中心に- 加藤幸治 1
日本における導入期の「靴」 市田京子 15
使える道具としての艪-伝統の検証なくして改良はない- 婆羅おさむ 27
野菜籠・果物籠生産時代の竹細工の機械化とメーカーについて 服部武 42
●ひろば
日記と歩む過去・現在・未来-「女性の日記から学ぶ会」の活動から- 島利栄子 57
『日本刳船漫考』との出会いと活字化への取り組み ヘミング味岡 60
第121回研究会報告 61
●書評
植木行宣監修 鹿谷勲・長谷川嘉和・樋口昭編『民俗文化財 保護行政の現場から』 印南敏秀 62
宮本常一著『日本人の住まい-生きる場のかたちとその変遷』 佐藤智敬 66
印南敏秀著『京文化と生活技術 食・職・農と博物館』 池田哲夫 69
有薗正一郎著『近世庶民の日常食 百姓は米を食べられなかったか』 印南敏秀 71
●展示批評
新潟市歴史博物館「船と船大工-湊町新潟を支えた木造和船-」 内田幸彦 75
府中市郷土の森博物館「宮本常一の足跡-旅する民俗学者の遺産-」 斎藤卓志 79
甲南ふれあいの館「甲賀前挽と木挽の仕事」 小松大介 82
高知県立歴史民俗資料館「竹-バンブー・スタイル」 青山淳二 86
●学会記事 88

 ■会誌 『民具研究』 136号 (2007.9)
 
●論文・調査報告
比良山地東麓におけるクルマによる運搬方法と山林利用 堀内美緒・奥敬一 1
製材用鋸の種類と変遷について 星野欣也 13
愛媛県北灘のイワシ船曳網漁 真鍋篤行 38
経本と読経の伝承論 -「御文書」読誦をめぐるモノ・表記・声- 渡部圭一 51
●ひろば
経験知の世界への回帰
 ろかいの会のこと ヘミング味岡 33
 形から使い手の技能を読み解く 大野恵三 35
 使える道具としての艪 婆羅おさむ 41
第119回・第120回研究会報告 47
日本民具学会第31回大会(群馬)報告 49
●書評
永原慶二著『苧麻・絹・木綿の社会史』 朝岡康二 53
氏家等著『ものとテクノロジー』『移住とフォークロア』 池田哲夫 55
【書籍紹介】
『旧田島平良家長屋門総合調査』 小川直之 59
●展示批評・展示紹介
【展示批評】
大田区立郷土博物館「大森麦わら細工作品展-輝け!私たちの麦わら細工-」 松井勅直 60
【展示紹介】
清瀬市郷土博物館開館20周年記念特別企画
「清瀬のうちおり展-糸に託した女たちの想い-」
柳澤剛 64
●博物館紹介
徳山民俗資料収蔵庫 脇田雅彦・脇田節子 69
●学会記事 75

 ■会誌 『民具研究』 特別号 日本民具学会30周年 (2007.8)
民具研究30年の動向と展望
「民具研究30年の動向と展望」の趣旨と経過 1
総説-民具研究30年の動向と展望 田邉悟 3
農具と農産-稲作・畑作・養蚕・畜産- 藤井裕之 13
漁撈と船 池田哲夫 25
諸職-職人とその用具- 朝岡康二 31
商業と交易-店商・市商・行商- 福岡直子 39
運搬-人力による運搬法・運搬具の研究を主に- 佐藤広 47
衣と機織り 佐川和裕 53
食の民具 印南敏秀 63
住居と家具 三井田忠明 73
近代と民具 佐藤雅也 83
南島民具-沖縄・奄美の民具- 上江洲均 93
北海道民具-アイヌ・開拓民具- 関秀志 99
アジアの民具-民具の素材を中心にして- 須藤護 109
考古学と民具研究 中山正典 117
民具研究と民俗文化財 段上達雄 123

 ■会誌 『民具研究』 135号 (2007.3)
 
●論文・調査報告
正条植の導入と定着 -越後の事例から- 石垣悟 1
大和村における舟の変遷とその使い分け 平田耕拓 16
愛媛県北灘のイワシ船曳網漁 真鍋篤行 38
野州麻に関する生産・加工用具 篠崎茂雄 51
●ひろば
災いは忘れたころに 池田哲夫 63
新潟県中越地震と歴史資料保存の取り組み
 -十日町市における市民と行政の連携の試み-
高橋由美子 64
北海道南西沖地震後の奥尻島におけるモノをめぐる動きについて 池田貴夫・定池祐季 73
第115・116・117・118回研究会報告 伊達仁美・神野善治・織野英史・宮本八惠子 84
●書評
佐藤利夫著『ものと人間の文化史128裂織 木綿生活誌』 岡本純好 89
【書籍紹介】
『砺波郷土資料館収蔵民具写真目録 砺波の民具』 河野通明 92
●展示批評
和歌山県立紀伊風土記の丘特別展「熊野・山に生きる知恵」 森本仙介 93
福島県立博物館夏の企画展「布の声をきく 布のささやきがいっぱい」 島立理子 97
●学会記事 102

 ■会誌 『民具研究』 134号 (2006.9)
   
●特集 第30回大会
公開記念講演
「民具学会30周年の回顧と展望」 朝岡康二 1
公開シンポジューム
趣旨 佐野賢治 8
中国華南地域の酒蒸留器と泡盛 萩尾俊章 9
アジアの織物と沖縄
 -南風原・アジア絣ロードまつりの試みから-
平良次子 22
沖縄葬墓文化の重層性について
 -東南中国との比較から-
蔡文高 34
●論文・調査報告
割符(わりふ)と呼ばれる御弊について
 -多摩川下流域、分割された集落の共通祭祀具
北村敏 46
奄美・沖縄群島の船
 -自然・社会・文化の動態を見る「窓」としてのモノ研究-
板井英伸 55
●ひろば
民具と現代人をつなぐ実践と公共空間 加藤幸治 71
 [報告事例(1)]「実践民具学」への志向 加藤幸治 72
 [報告事例(2)]研究者よ!つくり手と協働を!
 -つくり手の視点-
松井勅尚 76
 [報告事例(3)]身体が知らせるモノの情報
 -民具研究者よ、自身の身体と五感に敏感であれ!
宮本八惠子 80
第113・114回研究会報告 大薮裕子・印南敏秀 85
●書評
『宮本常一 写真・日記集成』 斎藤卓志 86
田辺悟著『海浜生活の歴史と民俗』 小川直之 89
【書籍紹介】
酒井美智代著
『山に生きる 苧の里から送る「手織り通信」の十年』
松島志延 92
三田村佳子著
『里神楽ハンドブック 福島・関東・甲信越』
大舘勝治 93
●展示批評
八王子市郷土資料館特別展「戦時下の市民生活」 越川次郎 94
【展示紹介】
仙台市歴史民俗資料館の戦時資料の収集、展示、研究活動など 佐藤雅也 97
上福岡市立歴史民俗資料館
 戦後60年記念企画展「造兵廠と戦争遺跡」
高木文夫 100
●博物館紹介
藤橋歴史民俗資料館 脇田雅彦・脇田節子 106
●学会記事 110

 ■会誌 『民具研究』 133号 (2006.3)
●特集 日本民具学会30周年記念事業シンポジウム
「モノ研究の過去・未来・現在 -民具学の理論的地平を探る-」
1
埋まったモノと受け継がれたモノ
 -近現代物質文化をめぐる二つの視点-
朽木 量 2
日本植民地時代生活文化の残像とその再利用
 -台湾の鼻緒はきものを中心として-
角南聡一郎 6
漁具・漁法から見た伝統の持続性と質的変容の研究
 -イソガネとヘラ状骨角器、裸潜水漁の系譜を探る-
渡辺直哉 14
ショウケの製作と使用の調査から 岡田 賢 22
瓦質祠のライフヒストリー
 -祠の「かたち」と使用のあり方の関係を中心に-
岩井顕彦 30
考古学情報と民具学 後藤 明 39
民具(学)研究の学際? -歴史(民俗資料)学の見地から- 西海賢二 41
「民俗文化財の保存と修復」
伊達仁美・玉城玲子・菊池健策・石井里佳・増澤文武・朝岡康二・岩井宏實
43
●論文・調査報告
造園業者と草木供養塔 -技術と世界観の分析を中心に- 高木大祐 75
養蚕火鉢と繭煮鍋 -小規模地方窯の土製養蚕用具- 両角まり 83
●ひろば
民具研究者に求められる資質
 -野堀正雄「雪国の民具」発表の問題点-
山崎 進 93
第111回研究会報告 高橋典子・金野啓史・大藪裕子・三浦久美子・大野一郎 96
第112回研究会報告 歳森茂・磯本宏紀・織野英史 100
●書評
朝岡康二著『ものと人間の文化史114 古着』 榎 陽介 102
【書籍紹介】『井川雑穀文化調査報告書』 外立ますみ 106
●展示批評
名古屋市博物館「名古屋の漁師町 下之一色」 池田哲夫 107
葛飾区郷土と天文の博物館
「肥やしのチカラ -肥やしのむかしと肥やしのみらい-」
宮本八重子 111
富士見市立難波田城資料館「わら縄のチカラ」 峯岸太郎 116
●博物館紹介
厚岸町海事記念館 車塚洋 120
●学会記事 125

 ■会誌 『民具研究』 132号 (2005.9)
●特集 第29回大会
基調講演・公開シンポジウム「博物館と民具」
基調講演「現代の博物館と民具」 小川直之1
地域博物館における既存資料の再編成と新規資料群の形成 加藤幸治
シンポジウム「別府温泉の施設と民具」
鉄輪の湯治システム 印南敏秀 19
明治期における温泉宿の広告 -『新撰豊後温泉誌』から- 菅野剛宏 25
●ひろば
水車屋ぐらしを支えた民具の調査 石野律子・安斎順子・米山裕子・宮本八重子 30
【書籍紹介】『水車屋ぐらしを支えた民具』 神野善治 44

第99回研究会報告-第110回研究会報告
 神野善治・高嶋賢二・歳森 茂・市田京子・織野智子・織野英史・野堀正雄・佐々木長生・津田豊彦
 近藤正樹・合田茂伸・水口千里・大津忠男・寺岡武彦・田井東浩平・真鍋篤行・磯本宏紀・岩野邦康
 森 行人・田村善次郎・脇田節子

45
●書評
大館勝治・宮本八重子著『いまに伝える 農家のモノ・人の生活館』 柳 正博 75
小泉和子編著『洋裁の時代 日本人の衣服革命』 京馬伸子 77
【書籍紹介】『埼玉の船大工』 三田村佳子 81
●展示批評
柏崎市立博物館「越後の道祖神 -異形神の系譜」 浜野達也 82
●博物館紹介
みちのく北方漁船博物館 福土美香 86
●学会記事 93

 ■会誌 『民具研究』 131号 (2005.3)
●論文・調査報告
近世以降の稲の干し方の分布について 有薗正一郎 1
南九州における近世中期以前の仮面と祭り 泉  房子 15
沖縄の準構造船・サバニ -その登場から代替・消滅・継承まで- 板井 英伸 27
村境の大草履 -四国西北部の事例を中心に- 高嶋 賢二

45

【生存のミニマム】
山のキャパシティー(山菜の採集最適指数)2 赤羽 正春 63
瀬戸内大漁旗 取材ノート 『大漁旗は、いま…』 森  庄平 71
●ひろば
私の選んだ文化財 嶋村  博 83
●書評
『南九州の伝統文化 Ⅰ 祭礼と芸能、歴史』
『南九州の伝統芸能 Ⅱ 民具と民俗、研究』
『奄美、吐[カ]喇の伝統文化 祭りとノロ、生活』
小川直之 86
『近江甲賀の前挽鋸』(甲南町教育委員会編)
『京タケノコと鍛冶文化』(長岡京市教育委員会編)
長谷川嘉和 91
●展示批評
福島県立博物館「笑いの想像力 -笑わせるヒトと笑うモノの博物誌-」 野堀 正雄 94
東京家政大学博物館「一枚布の民族衣装」 佐川 和裕 97
フィールドワークによる展示実験 岡本 信也 100
●学会記事 103





 

このホームページの画像・文章の著作権は、日本民具学会に帰属します。